ふるはしかずおの絵本ブログ3

『かにむかし』-クライマックスの文章

image

『かにむかし』 (木下順二文、 清水崑絵、 岩波書店)の

最後の場面は、 

息のながい文が 続きます。

読みかたりの むずかしい場面です。 

      ・・・

   それまで はいのなかで きばっていおった ぱんぱんぐりは、 もう がまんしきれんように なるまで きばったところで、 さるの せなかへ ぱーんと はねくりかえった。

 「 きゃあっ 」

と、 とびあがって どまへ とんでにげて、 みずを かぶろう、 とおもって、 みずおけの みずへ

しゃっと 手をつこっだところが、 まっておった こがにどもは、 そうれっと、 がしゃがしゃ、 がしやがしゃ、 さるの からだへ とっついて、 からだじゅうを じゃきじゃき、 じゃきじゃきと はさみきりだしたから、 さるは ますます びっくりして戸口のところへ にげたところを、 うえから ぶーんと はちは まいおりて、 さるのあたまを じーんと、 するほど さした。

 さるは もう なにも わからんように なって、戸口を ひとあし とびだしたところが、 そこには うしのふんが すわっておったもんで さるは つるりと すべったひょうしに そこに たって まっておった はぜぼうに あしが ひっからまって、はちに さされた あたまを ごつうんと ぶったと おもったときには、

 うえから-

 おおきな 石うすが どしーんと おちてきて、 さるは ひらとう へじゃげて しもうたそうな。

 これで おしまい

     ・・・

      ・・・

このクライマックスは、 

読んでみますと 

体にじかに 響いてくるような

慌ただしさや 緊迫感があります。

ぱーん、 きゃあっ、 しゃっ、 そうれっ、 がしゃがしゃ、 じゃきじゃき、 ぶーん、 じーん、 つるり、 ごつうん、 どしーん

音感的な言葉(オノマトペ)の大盤振る舞いです。

仮に、 

これらの言葉を抜いて 読んでみますと、 その効果がよくわかります。

この場面の

慌ただしさや

にぎやかさは、 おはなしのテンポを 作りあげています。

その場に 居合わせるような 臨場感があります。

      ・・・

この場面は 4つの文から 出来ていますが、

2番目と3番目の文が、 とても息のながい文になっています。

切れるようで

切れずに 綿々とつづく文体は、

 木下民話の特徴ですが、

この場面にも、 それがよくあらわれています。

        ・・・

映画表現のひとつに、

 カットバックという手法があります。

カットバックとは、 

ふたつの場面を交互に挿入して、 

緊迫感などの 劇的な効果をたかめる 映像方法のことですが、 

『かにむかし』の この場面も、

 カットバックの手法に 似ています。

視点が 小気味よくかわって、

とてもおもしろい テンポを 作りだしています。

       ・・・

ぱんぱんぐりは・・・・・。 (さるは) ・・・・・、 こがにどもは・・・・・、 さるは・・・・・、はちは・・・・・。さるは・・・・・、うしのふんが・・・・・、さるは・・・・・、はぜぼうが・・・・・、石うすが・・・・・、さるは・・・・・。

     ・・・

文は、 

切り目なく つながっていきますが、 

冗長な感じを うけません。

畳みかけるようにして、 

さるをどんどん 追い込んでいきます。

オノマトペの響きによって にぎやかになった世界に、

テンポがあり、

リズムと強さをもった文が 織り込まれています。

この文体をいかした「読みかたり」を心がけたいものです。 

           ・・・・・・ 

※『かにむかし』 木下順二文、 清水崑絵、 岩波書店 1976年

SHARE