ふるはしかずおの絵本ブログ3

『いぬが いっぱい』-子どもの見方を教えます

image


『 いぬが いっぱい 』  は、

「 あかちゃん絵本 」ですが、

子どもの見方を 教えてくれる 絵本です。

     ・・・

絵本のなかの「いぬ」は、性格、色、大きさ、状態が違います。 

      ・・・           

  おりこうな いぬと              

  いたずら いぬ

  しょんぼり いぬと

  げんきな いぬ

  のんびり おひるね

  せっせと おしごと

  はらぺこ いぬと

  おなかいっぱいの いぬ 

  いぬが いっぱい

  みんな いっしょに

  わんわん

      ・・・

「 おりこう  」、「 いたずら 」な性格、性質、

「 しょんぼり 」

「 げんきな 」

「 のんびり 」

「 せっせと 」「 はらぺこ 」「 おなか いっぱい 」 の犬の状態。

いろいろな 種類の 犬、

いろいろな 性格の 犬、

いろいろな 状態の犬が 全部でています。

大きさ、形、色もちがいます。それが、絵によって表現されています。

      ・・・

もちろん、人間の場合も同様です。人種、性格、状態( 様子 )の違いがあります。題材は「いぬ」ですが、子どものことにも当てはまります。子どもたち一人ひとりが、みんな、ちがいます。  

     ・・・

そして、みんな いっしょに わんわん 。

「 わんわん 」は、  

すべての犬に 共通すること。 

「 わんわん 」という言葉を使わずに、「 いぬ 」を定義することは、難しいことです。

     ・・・

さて、子どもも、みんなちがいます。

でも「 みんな、いっしょ 」。

その「 いっしょ 」のところは、いったい何でしょうか ?

        ・・・・・

スカールさんには 『 ねこが いっぱい 』  ( やぶきみちこ訳、  福音館書店  ) という絵本もあります。ねこがお好きな方は、 こちらをどうぞ。

image

※『 いぬが いっぱい 』 グレース・スカール作、やぶきみちこ訳 福音館書店 1986年

SHARE